ロスカットを使ってみよう

急に証拠金維持率が下がった場合

取引を何度も失敗してしまうと、どんどん証拠金維持率が下がってしまいます。
そのような状態になると、焦ってしまいますがさらに失敗を招きます。
自分では、証拠金維持率が下がっていることに気付けないかもしれません。
証拠金維持率が一定の金額を下回った場合、強制的に取引を終了させてくれる機能があります。
それが、ロスカットと呼ばれるものです。

取引会社を決める際は、ロスカットがあるか調べてください。
自分は大丈夫だと、油断している人がいるでしょう。
ですが誰だって取引が失敗して、証拠金維持率が下がる可能性を持っています。
万が一の事態まで考えて、ロスカットがある取引会社を使った方が絶対に良いです。
そこは妥協しないでください。

証拠金を追加しよう

証拠金維持率が下がった時に、証拠金を追加できるシステムになっている取引会社が見られます。
するとロスカットされないで、無事にこれまで通り取引を進めることができます。
追加証拠金が必要になった際は、必ず知らせてくれます。
早くお知らせに気付くことで、被害を最小限に抑えることが可能です。
取引に夢中になっていると、証拠金が足りなくなったことに気が付きません。

証拠金を追加できる決まりになっている取引会社と、そうでない取引会社が存在しています。
手数料や取引できる時間帯ばかりを調べていると、万が一の事態に対応できないので困ります。
初心者は特に、失敗した時の対応が簡単な取引会社を使った方が良いでしょう。
すると損失を減らせます。


この記事をシェアする