証拠金維持率とは何か調べよう

評価損益のことを先に知る

実際に取引を進めて、得られる利益を含み益と呼びます。
ですが取引をしていると、損することもあります。
その時の損失を、含み損と呼びます。
含み益と含み損をまとめて、評価損益と呼んでいます。
証拠金維持率を計算する時は、評価損益が非常に重要なので忘れないでください。
評価損益を考慮して、証拠金の残っているお金の割合を証拠金維持率と言います。

証拠金維持率の計算をする際は、評価損益が分かっていないといけません。
自分が取引を進めて、どのくらいの利益を得られるのか、また損失が出るのか常に考えてください。
そのようにFXを進める時は、考えなければいけないことがたくさんあります。
常に先のことを予想すれば、大きな失敗はしないでしょう。

証拠金維持率は高い方が良い

誰でも、安全にFXを進めたいと思いますよね。
そのためには、証拠金維持率を計算してください。
証拠金維持率が低くなっていたら、それだけ危険性が大きいという意味になります。
FXの方法を変えてください。
方法を変えると、今度は証拠金維持率が高くなるかもしれません。
割合が高くなったら、危険性が小さいので初心者でも安心して取引を進めることができます。

証拠金維持率が、70パーセント以上がおすすめです。
それ以上低い値になっていたら、少し警戒してください。
今までは何も大きなトラブルが起こっていなくても、少し間違えただけで大きな損失に繋がってしまいます。
一気に資産を失うこともあり得るので、こまめに証拠金維持率を計算してください。


この記事をシェアする